一年振りの記事

色々ありまして、すっかり間が空きました。

Twitterをはじめましたが、あんまり呟いてません。Mixiはやってません。

Filed under: つれづれ — 陣内 16:40

2月は……

 2月は、31日まであるんですよね?

 という幻想に溺れたくなりましたが、現実を見ます。

 ところでプチコンって、凄いっすね。なんかもうあれこれ、キュンキュンしました。

 いやだから現実に戻ります、すみません。

Filed under: つれづれ — 陣内 23:54

食生活は大事

 

 連休中、ずっと家から出ずに仕事していたら、備蓄食糧を消費し尽くしてしまいました。

 めぼしい食料はもう、ソーセージ缶と、自衛隊戦闘糧食Ⅰ型くらいしか……。

 でも雪降ってるし、外に出る気力もないし……。


 ……などという駄目な食生活を過ごした、連休明け。

 余裕のない精神状態が続いている自覚があったのですが、出社して会社スタッフとランチ食べに行ったら、そこからやたらと元気になり、自分でもびっくりしました。なんだか頭の中がクリアーに!

 食生活は大事ですね。人と話すのも。当たり前ですが。

 根を詰めている時、あまり良くないプレッシャーで自身を追い込みがちなので、気を付けます。

Filed under: つれづれ — 陣内 23:57

去年の思い出

 2010年は一度もプライオリティ・パスを使わなかった年でした。今年は一度くらい使いたいです……。

・5月。大好きなSF小説、エイミー・トムスン『緑の少女』の続編『THROUGH ALIEN EYES』が訳されるのをずーっと待ち続けていたのですが、11年経ったし流石にもう無理かな……とようやく諦めがつきまして、5月にアメリカからペーパーバック(もう古書しか見つけられませんでした)をネット通販しました。そしたら。

 サイン本だったという。(謹呈相手の名前は隠しておきました) 悲しいような嬉しいような気持ちです。

・SF小説を原著で購入するのはこれが初めてでした。私の英語力はMagic: The Gatheringのカードの説明文をどうにか読めるかなぁといった程度、中一でとった英検3級レベルで止まっています。なので基本的に訳書でしか読まないのですが……これに先だって、山本弘『アイの物語』の英語版(『THE STORY OF IBIS』)を買ってみたところ、元の文章がそこそこ頭に入っているせいか、意外とすらすら読めたので、調子に乗ってみましたよ。

・次に原著でSF小説を買うのは、ビジョルドのヴォルコシガン・サガの未訳分になりそうです。『Komarr』は既に訳されてるそうなので、早く出版されますようにと、長い間、祈り中。

・日本語の本はデッドメディアになっても所持し続けるつもりですが、外国語の本は電子データでも問題ないと思っている自分に気付きました。
 実際、iPodTouchで、あれこれ著作権切れの昔の英語の本(※子ども向けの本ばかり)をダウンロードして移動中に読んでいます。うーん、日本語の本を手放せないのは単にフェティシズム入ってるだけなのかも……。
 今後、世間はどんどん、書籍のデータ化に向かうんだろうなぁと思います。kindleもiPadも今はまだ購入予定はないですが、五年内には買うと思います。「そりゃ、コンテンツ関連の仕事をしてるんだから、人より早く買って当たり前でしょ」と言われそうですが、いやいや実は私、携帯電話を所持していないのですよ?(10ウン年、PHSです)
 昔、デジカメの販促のお仕事をしていたことがあるのですが、「今はまだ技術が発展途上ですが、10年内に必ず、フィルムカメラでなくデジタルカメラが主流になります。完全に勢力図が塗り変わって、フィルムカメラが珍しいものになります。紙焼きが欲しい? ああ、それなら街角でデジカメのメモリからすぐプリントできるようになりますよ!」とホラ吹きプレゼンすると、大抵は「まっさか~」と苦笑されたものです。「個人的に賭けても良いですよ!」と言ったのが間違いじゃなかったのを、10年後の今、たまにホッとしたりしてます。
 さて今度は当たるかな……。予言:『10年後の私は、世間の流れに従って、書籍のデータ流通を完全に受容し、データパッドで本を読むことに慣れている。ほとんどの新刊書籍を、データで購入している。所蔵しているリアル書籍のデータ化にも積極的だが、データ化後のリアル書籍を全て処分するかどうかについては悩みがある』

・そんな感じで買うつもりのなかったiPadなのですが、12月に買いました。冬コミ企業ブースにて、液晶モニタでゲームデモを流す電源代を試算したところ、iPad代の方が安かったからという理由。会社備品ではなく、自腹の私物です。今後なんとか、色々と活用したいところです。

・6月といえば株主総会の開催ピーク。郵便物が大量に届いてポストが埋まり、あと宅配便も増えて「雨の中、書留と荷物を受け取りまくる季節」という印象があります。何故か毎年、仕事が忙しい時期のような気もします。で、やっぱり2010年もそんな感じでした。株主総会は1社だけ出席して、すぐ帰りました。

・7月も忙しい感じでした。ペットのターミナルケアが本格的になり、しばしば人生について考えたりでした。

・8月は、いつの間にか終わりました。何の時だったか、「陸、海、空……」と続けて最後に「宇宙」と言おうとした人に被せて「海兵隊、沿岸警備隊」と呟き、「意味が分からない」と返されました。アメリカ脳になっていたせいです。そうそう、コミケへの企業ブース初出展は、大きな出来事でした。

・9月はなんだか記憶が飛んでいる。最初から所有している、増やす機会のない有限のものを消費していき、無くなったら死ぬ……という感じの概念なものを説明する際、ふっと意識に浮かんで「ああ、青森」と言ったらうっかり一人にだけ通じてしまって説明が逆に面倒でした。えーと、ブルーフォレスト物語というTRPGシステムがありまして。

・10月も記憶が飛んでいる。ペットのターミナルケアを終えました。看取ってすぐ、一番最初に出てきた言葉は「ありがとう」でした。すごくいいこでした。遂に、完全な一人暮らしになりましたよ。

・11月も記憶が飛んでいる。『つばさの丘の姫王』の発売延期発表がありました、大変申し訳ありませんでした。プライベートでも、父親が倒れて大変だったような。

・12月。キャンセル待ちが通って急遽、冬コミに企業ブース出展しました。12月31日に地元ではなく東京にいたのは初めてでした。たしか、夏前に『俺の下であがけ』をカラオケに歌いに行くとか言ってましたが、行かないまま年が終わりました。とか言ってたらED曲『終わらない絆』も配信決定したようです。それが入曲する頃にはカラオケに行けるようになりたいです。

 これ、それぞれ、その月に書いた文章なんですけども。なんだろう、これはブログの使い方じゃない気がしてきました。

Filed under: つれづれ — 陣内 00:16

ハリボテエレジー

 生きてますよー。お仕事してます。

 ネットで資料を探してる最中に、JRA『JAPAN WORLD CUP』を知り、勇気と元気を貰ったりでした。

 なんと素晴らしい! 凄い!

 ここ数年、『無料で楽しめるコンテンツを提供する』という広報、販促について考える機会が多かったのもあり、衝撃が大きかったです。

 この週末、阪神競馬場でハリボテエレジーのフィギュアが貰えるそうで気になります。

Filed under: つれづれ — 陣内 23:59